ホーム > オークションニュース > 豪希少硬貨「穴あきドル」が3300万円で落札

豪希少硬貨「穴あきドル」が3300万円で落札

オーストラリアで8月27日夜、オーストラリア初の硬貨「穴あきドル」を含む希少硬貨3枚が競売に掛けられ、合計88万豪ドル(約7200万円)の高値で競り落とされた。

この穴あきドルは、英国の植民地だったニューサウスウェールズが1813年に、ペルーのリマ貨幣鋳造所による1810年の1ドル銀貨をもとに作ったもので、通称「ハンニバルの頭」と呼ばれている。この種のものでは最高額となる41万豪ドル(約3300万円)で落札された。

ディーラーの「コインワークス」からは、オーストラリア初の金貨「1852アデレードポンド」や「1813コロニアルダンプ」も出品され、それぞれ37万豪ドル(約3000万円)と10万豪ドル(約800万円)で落札された。

1800年代初頭、英国の植民地だったニューサウスウェールズでの硬貨不足を解消するために作られた穴あきドル。スペインドル銀貨4万枚から作られたものだが、現在では2枚しか残っていないという。

「ハンニバルの頭」は民間が所有する唯一の標本となっており、もう1枚はニューサウスウェールズ州立図書館が所蔵している。

ちなみに、日本のネットオークションでもエラーコインは高値で落札されている。
コインコレクターの方はオークションをチェックしてみてはいかがでしょうか。

「エラーコイン」のオークション高額落札商品(オークファン落札相場検索)

記事参照元:AFPBB News


【ニューストピック募集中】
オークションニュースでは、記事のトピックを募集中です!

「調べてほしい!」、「書いてほしい!」というトピックがある方は、news_request@aucfan.comまでご連絡下さい。皆様のリクエストお待ちしております。

ホーム > オークションニュース > 豪希少硬貨「穴あきドル」が3300万円で落札

検索
フィード

Return to page top