ホーム > オークションニュース > 業界初 テレビ向けオークションサービスを共同開発

業界初 テレビ向けオークションサービスを共同開発

パナソニック株式会社は、ヤフー株式会社と協業し、
同社が提供するインターネットオークションサービス
「Yahoo!オークション」に対応した薄型テレビを、業界で初めて共同開発しました。

1999年よりサービスが開始された「Yahoo!オークション」は、
国内最大のインターネットオークションサービスとして幅広いユーザーに利用されています。

今後、当社とヤフーは、ユーザーインターフェイスとなる画面デザインや操作性の追及、
更には、課金システムのあり方など、ご家庭で気軽にお楽しみいただける、
テレビならではの機能・サービスの検証を重ね、来春の実用化を目指します。

近年、PCをはじめとする様々な携帯情報端末が普及する一方で、
リビングで、ファミリーで、気軽に楽しめる薄型テレビのネット対応機能に対する
ニーズが高まってきています。また、薄型テレビの需要が世界的に拡大する中で、
そのニーズは一層多様化する傾向にあります。

パナソニックは、PDPをはじめとする大画面・高画質な薄型テレビの技術進化を重ねるとともに、
お子様からご高齢者までが簡単に使える情報ツールである
「薄型テレビ」の可能性を更に追求する事で、
今後も、新しいエキサイティングなテレビ体験を創造して参ります。


記事参照元:Panasonic

ホーム > オークションニュース > 業界初 テレビ向けオークションサービスを共同開発

検索
フィード

Return to page top