ホーム > オークションニュース > リーマン看板 オークションに

リーマン看板 オークションに

おととし経営が破たんし、世界的な金融危機の引き金となった
大手証券会社リーマン・ブラザーズの破たん処理の一環として、
会社が保有していた高価な美術品や会社の看板などが
イギリスでオークションにかけられることになりました。

オークションは、リーマン・ブラザーズの債権者に返す資金を増やすために
来週29日に行われるもので、幹部の会議室に飾られていた美術品などおよそ300点が、
24日、イギリスのロンドンで公開されました。

なかには、▽およそ1500万円の価値が見込まれる現代美術の絵画などに加えて、
▽リーマン・ブラザーズのロンドンの支店に掲げられていた長さ3メートルの社名の看板や、
▽当時財務相だったイギリスのブラウン前首相も出席して新しい本部の開設を祝ったときの記念のプレートなども含まれています。

リーマン・ブラザーズは、おととし9月、日本円で50兆円を超える巨額の負債を
抱えて経営破たんし、金融危機の引き金になりました。

オークションには、ロンドンの会場のほか、インターネットや電話でも参加できるということで、
日本円にして1億5000万円程度の売り上げが見込まれています。

破たん処理を進めている会計事務所の担当者は
「負債の総額に比べればわずかな金額だが、少しでも多く売り上げをあげたい」と話していました。

記事参照元:NHKニュース

ホーム > オークションニュース > リーマン看板 オークションに

検索
フィード

Return to page top